« 明日の天気は? | トップページ | 気づいたことあれこれ »

2007年7月14日 (土)

観劇:『犬顔家の一族の陰謀(以下略)』

朝から雨ではありましたが暴風雨ではなかったので、予定通り観劇のため出かけてきました(念のため、劇場にも電話確認してから)
本日の演目は、劇団☆新感線『犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート』。なんと独特なタイトルでしょうか(笑)
常連さんの間では「ネタもの」と呼ばれる類の作品のようです。要するに有名作品を思いっきりパロディ化しているということでしょう。あまり新感線は観に行かない私なので、「ネタもの」で観たことがあるのは10年以上前の『花の紅天狗』(初演)のみだと思います。
台風が近づいていると聞いて、まぁどうにか観には行けるだろうと思いつつも、多少は不安でした。新感線系の舞台では1度、上演中止の遭遇経験があるので……その時の原因は天候ではなく、出演者の不祥事だったんですが(ちなみに劇団員ではなく客演の人)、私が観に行く回も含めた数ステージだけが中止になってしまったのですね……メインキャラの人だったため、代役決定までに時間がかかったのでしょう。チケットを取り直すほどの情熱は無かったので、その舞台は結局観ませんでした。

まだ公演が始まったばかり(本公演は来週17日から。今日・明日はプレビュー公演)なので、感想は以下のリンクに隠しておきます。
……さて、私は新感線のファンではありませんので、ベタ誉めはしていません。むしろ否定的な内容だと思います。
ですから、良い感想を読みたくて検索などでいらした方は、以下は目にしない方がよろしいかと……もしくは、それをご了承の上でお読みください。

あらためまして。
10年も観劇を趣味にしておりますと、それなりに付き合いの長い観劇仲間もいます。その人たちの多くは新感線の舞台が好きで、だいたい毎公演観に行っている模様。私個人は、チケットが取りにくかったり高かったりするので(苦笑)そこまでの熱意はなくて、気が向いて予算があってチケットが取れれば観る、というスタンスです。
5月に久々に知人数名と会った時、新感線の話題で結構盛り上がりまして、長いこと(一昨年の1月以来)観ていないから次のは観てみようかなぁと思い、チケットを取りました。本公演中の土日はすでに予定が入っているか、もしくは千秋楽だったので、プレビュー公演の回を選択。ここ数年、観劇への情熱が昔ほどではないせいか、千秋楽の盛り上がりが苦手なのですよね……コアなファンがいる劇団の場合はなおさら。

で、肝心の舞台についてですが。
………………正直、疲れたなーというのが終演後の感想。もっとはっきり言うと、第1幕の終盤にはすでに「早く終わらないかなぁ」と考えていました(ちなみに2幕構成で、上演時間は約2時間50分)
オープニングの、劇団四季作品のパロディ部分では素直に笑えていたのですが……そのノリがずーーーっと続く感じなので、「ついていけない」と思う場面が後になればなるほど増えました(しかし、元・劇団四季の専用劇場だった「シアターBRAVA!」で四季作品のパロディというのも、なんかすごい組み合わせだな (^^;)
仕掛けとかネタとか、さすがに凝っているなぁと思える部分もありましたけど、どうやら「ネタもの」の作品は私には合わないようです……ストーリーの進行はちゃんとさせてほしい質なので、ネタとかでやたら止められたり流されたりしてしまうと、非常に気持ち悪いというか落ち着かないというか、消化不良な気分になるのですよ……劇中歌も、オープニングはミュージカルの場面だからいいとしても、それ以外の歌は(それが好きな人には申し訳ありませんが)私にとっては要らないものでした。
ラストはラストで「殺人事件はともかく、財産分与についてはなんにも解決してなくないか?」状態でしたし。まぁ作品の性質的にはその点はどうでもいいのかな、と思わなくもありませんけどね……うーむ。
とりあえず今後、新感線を観に行くとしても「ネタもの」は避けようと心に決めました。
……あ、なんでタイトルに「ノート」が付くのか疑問でしたが、劇中で理由がわかりました。個人的には「そのネタはどうか(そんな使い方でいいのか?)」と思いましたけど。

そして、舞台には関係ありませんが、ちょっと言わせてください。
今日の観客で私が見かけた人々が、傘を入れるビニール袋を捨てるマナーのなんと悪いことか。缶専用やロビーバーの飲み物を捨てるためのゴミ箱に入れるだけでなく、その辺に放り投げて帰る人も……自分の手元からなくなればそれでいいという考え方なんでしょうね(歩きタバコの人なんかも同じように考えていそう。そうでなきゃ火がついたまま道に捨てて平気なはずがない)
そういう人が多いから、私はあの袋の存在自体も実は嫌なのです。使わずに床とかが水浸しになるとそれはそれで迷惑ですから、仕方なく利用はしますけどね。
どうして、自分が出したゴミぐらい、所定の場所に捨てられないのでしょうか。私には(いい子ぶっていると言われたとしても)本当に理解できません。
最近の世間のおかしさって、絶対そういう部分に根っこがあると、本気で思います。

|

« 明日の天気は? | トップページ | 気づいたことあれこれ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観劇:『犬顔家の一族の陰謀(以下略)』:

« 明日の天気は? | トップページ | 気づいたことあれこれ »