« ようやく復活。 | トップページ | ライブ:新居昭乃「ソラノスフィア」(追記あり) »

2009年7月18日 (土)

観劇:『リボルバー』

今週末は、3日間とも何かしら外出予定(パソコン学校通学除く)が入っているという、私にしてはめずらしい状態。3日連続外出であることに予定を入れてから気づいて、全部好きで入れた予定とはいえ、休み明けが辛いかもな……といまだにやや不安だったりします(苦笑)

さて本日は外出第1弾。3ヶ月ぶりとなる観劇に行ってきました。
演目は劇団M.O.P.『リボルバー』。
実はつい数日前まで、行くかやめようか迷っていました。今の仕事が決まる前にチケットを取っていたのですが、現職場は土曜出勤があり、7/18は出勤日だと聞いたので「行けないなー」と思って、いったんチケットを譲渡希望に出したんですね。
しかしその後、土曜日の勤務時間が変わり(14時45分まで→12時15分までに短縮)、チケットの希望者も現れなかったので、思いきって行くことを決意。劇団M.O.P.はあと2公演で(今回の公演を含め)解散してしまうし、演劇集団キャラメルボックスの役者さんが客演していらっしゃるし。
チケットを無駄にするのが、純粋にもったいなくもありましたし(笑)

特に意識していませんでしたが、今日が公演全体の初日だったんですねー。
ネタばれ入りますので、いちおう以下は畳みます。

さて。
チケットを取ったきっかけは、どちらかといえば、キャラメルボックスの役者さん(岡田達也さん)が客演なさることの方が大きな要因でした。もうすぐ解散してしまうことも寂しく思ってはいますが、さほどM.O.P.のファンではないし、今回は公演日程的に(7/18〜20)行かなかった可能性が高いです。チケット発売の案内が届いた時点で、19日・20日の外出はすでに決めていましたから。

ある建物(ホテル)を舞台に、そこに集まる人々を通して時代の移り変わりを見せていくという手法は、同じ脚本家の方が書いた作品『東京原子核クラブ(あの作品では確かアパートか下宿)』に似ているなぁと思いました。
時代背景は明治の始め、いろんな事情で政府の方針に逆らいながら生きている人々が中心であるため、劇中で辛い目に遭う人が結構多くて……ホテルの廃業が決まり、残った人々が記念撮影をするラストも、物寂しかったです。メインに近い登場人物の安否が、語られないままでもありましたし。
亡くなった人たちも集まってきての「記念撮影」で暗転になった直後の、出演者全員によるジャズコンサート風のエンディングでは、ギャップがありすぎて逆に良いような、雰囲気が違いすぎてやっぱり微妙なような、複雑な気分に(苦笑)
来年の最終公演も、大阪は今回と同じ会場(松下IMPホール)とのことです。

カーテンコールで客演の方々(3名)がそれぞれ、今後の出演予定を話されていて、岡田さんも当然ながら次回出演のキャラメルボックス公演について宣伝なさっていました。……が、場が違って慌てていたのかどうなのか「詳細(日程など)は知らないので」と口走っていらっしゃいました……えぇ? (^^;

|
|

« ようやく復活。 | トップページ | ライブ:新居昭乃「ソラノスフィア」(追記あり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/scenario-writer/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/scenario-writer/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
EtOAZqV4

投稿: sirube | 2009年7月19日 (日) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく復活。 | トップページ | ライブ:新居昭乃「ソラノスフィア」(追記あり) »