« 予算とDVD-BOX | トップページ | 就活中の方々へ »

習い事についての反省

今日の午後、職場前の道を、小学生がリコーダーを練習しながら通り過ぎていきました。その音を聞きながらしばらくぶりに思ったのは、「子供の頃に楽器を習っておけばよかったな」ということ。
学習塾に行かなかった分、習い事はいろいろやらせてもらいました。小1で始めた書道から、数年前まで続けていたジャズダンスまで、全部で6種類。いずれも自分で希望したもので、最多で4つ通っていた時期があります(小学4年〜5年の頃)。
しかし楽器については当時、一度も習いたいと思いませんでした。歌を習おうとした時に親に「楽器の方がよくない?」と言われたものの断った、という記憶も。
それぐらい興味はなかったはずなのに、歌をやめて何年も経った頃、急に「あの時は考え直すべきだったなー」とひしひしと思いました。今なら、ギターでもキーボードでも何かしら楽器を選択しておくのになと、年を経るごとにますます強く思います。
歌うことはまぁ、その気さえあれば誰でもすぐ可能ですけど(巧拙はまた別として)、楽器はそこまで手軽じゃないですしね……もったいないことをした。

別の意味でもったいないと思うのが書道。やむをえない事情で中断してしまったものの、一番長く(13年ほど)続けてきたのに、今の字の雑さときたら(涙)
先生方に申し訳なさすぎるので、いつか再開したいとは考えています。……考えるだけで終わらないようにしたいものです(苦笑)

|
|

« 予算とDVD-BOX | トップページ | 就活中の方々へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予算とDVD-BOX | トップページ | 就活中の方々へ »