« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

行く月逃げる月。

あっという間に2月末。

……行く月逃げる月、が今年はことさらに短く感じられます。

そして明日からついに3月ですか…………うおー(←若干パニクっております)……まぁある意味、早く「去る月」になる方がいいと言えばいいけれど……うおー(以下略)

| | コメント (0)
|

なぜだかさらに重い(涙)

実家の母が訪ねてきました。
私の検診の間隔が短くなったり、年末年始が挟まったせいもあって、一日通しての訪問は実はかなり久しぶり。3ヶ月近くになるらしい(母曰く)
まぁそれはそれとしまして、午後の数時間、ひとりで外出させてもらいました。次が産まれるとまた、しばらくはその機会も取れなくなるし。

……とはいえ、長々と歩くとおなかが張ったり足の付け根が痛くなる時期なので、百貨店をちょっと見た後はカフェでお茶しつつ長めの休憩。その後、ふたたび百貨店に寄って追加の買い物をして、帰宅しました。
これまでの外出時と比べると歩いた距離は格段に少ない(はず)ですが、それでもけっこう、しばらく経ってから足にこたえてきましたね……なぜだかわかりませんがここ数日、急に&さらにおなかが重くなった感覚があるんですよね……実際、体重もいきなり増えているし。食生活に変化はないのになんでー(涙)

| | コメント (0)
|

復習その2。

昨日、新生児期のお世話を思い出すために、保管していた冊子をいくつか読んでみて、次に思ったのが「うちの子、実際はどんなふうに過ごしていたんだっけ?」ということ。
そんなわけで今度は育児日記を、わりと久々に引っぱり出してきました。

……自宅に戻った後は夜泣きも夜中の授乳もほとんどなかった、と思っていたけれど、記録を見てみたらそうでもありませんでした(苦笑)
里帰り中よりは減っているものの、しばらくの間は午前2時とか3時、朝方の授乳も少なからず。ほぼなくなったのは生後3ヶ月過ぎたあたりから……てことは標準的ですね。
そしてこの頃(新生児期)は、外に連れ出した際に、ベビーカーとかでそこそこ寝ていたんだなぁ……今じゃどれだけ疲れていようとまったく眠りません、えぇ。
(例外は奈良の義祖母宅を訪ねた帰り、車の中で数十分程度寝るくらい)

| | コメント (0)
|

お世話の復習。

荷物詰めとか整頓とかしている中で、数年前の出産育児雑誌(未整理)が目に入り、ふと「そういえば新生児のお世話ってどんな感じだったっけ?」と思った私。
経験あるとはいえなにぶん約3年前だし、今はもう現状(2歳の状態)に慣れちゃっているから、ある程度は復習しておかないとパニクりそうだな……と考え、取り置いていた雑誌の切り抜きとか付録冊子とかを引っぱり出してきました。

手始めに「産後100日のお世話」的な冊子を読んでみたら、案の定、あーこういう感じだったっけか、こんなこともあり得るなーと、忘れていることが細々と。やはり1度の経験では大ざっぱにしか頭に残らないものですね(苦笑)
里帰り荷物に追加して、入院までに何度か読み返しておかねば。

| | コメント (0)
|

4週間前。

今日は24日です。
……ということは、今月は2月で28日までしかないから、来月の24日まではちょうど4週間。つまり今日は手術予定日1ヶ月前、かつ4週間前。

…………4週間経ったらおなかの中の人が外に出ているの? ひえー。

手術自体も面倒だし気持ち悪いし後々の痛みが嫌ですが、予定手術であるがゆえ、前夜から何も食べられない&術後も翌日夜までおそらく食事無し、なのも考えると少なからず憂鬱。第1子の時、術後の1日だけでも絶食けっこうつらかったんですよ……基本的に食い意地張っておりますので、同室の人(当初は2人部屋、のちに個室に変更)に食事が運ばれてくるたびにせつなかった。
それが、今度はおそらく丸2日ですからね……前々夜〜前日昼に思いっきり好きなもの食べておかなきゃ(笑)

| | コメント (0)
|

つれづれ:15.2.23

先日の定期検診にて。
毎回行なう検査の中に、おなかの中の様子を見るエコー(超音波)検査がありますが、その際、画面をプリントアウトしたものを1〜2枚頂くのですね。たいていは、赤ちゃんの全身だったり、頭や胴体のアップだったり。たまに、頭の大きさや足の長さを測った数値の画面が印刷される時もありますけど、その場合でも赤ちゃんの写真が1枚は付いてくるものなのです。
……が、先日はなぜか、数値画面のものが1枚きり。診察が終わって待合室に戻ってから気づいたので、先生に尋ねることもできず。第1子の時と合わせて30回近く(たぶん)通院した中で、初めてですよ先生……まぁ単純に印刷し忘れたんだろうとは思いますけどね。

そしてちまちまと里帰り荷物の詰め作業中。
思ったよりは段ボール箱の数が少なくて済みそうな気配ながら、箱そのものがけっこう大きいからな〜。いっぱいに詰めるとなかなかの重量でございます(苦笑)

| | コメント (0)
|

やっとおかいもの。

第2子用の服とか小物とか、その他生活用品。
新しく買う必要はそんなにないかな、と当初は思っていたのですが、いろいろ考えてみると、案外あれこれ必要なことが判明。性別が違う(はずだ)から衣類はそれなりに新品が要ると予想していたものの……その他にも、たとえば新生児対応の品物がなんやかやと。おむつとか哺乳瓶とか、忘れていたところでは哺乳瓶の消毒セットとか。
あと、うちの場合はお布団セットも。上の子のお下がりを使うお宅が多いんだろうなと思いますけど、うちの子は今の布団が超お気に入りなので、たぶん譲ってくれません(苦笑)

そんなわけで、休日を利用してまとめて買い物したかったのです。早めに行こうと思いつつもなかなか時間が取れず、今日やっとおかいもの。
(今日もタイムテーブル上はきつきつでしたがこれ以上後回しにできないので)
……予想以上に大容量になりましたね〜いやはや。
お布団セットに加え、連れが多めに買ってしまったおむつとミルクがすごかった……現在、物置部屋(にしている将来の子供部屋)には荷物が山積みでございます。まぁこれで一安心ではありますけども。

あとは、今日買った物も含めて、荷作りの続きをするだけ。
……そのためには物置部屋(以下略)の整頓もそれなりに必要と気づいて、ちょっとばかり呆然としている今の私 (^^;A

| | コメント (0)
|

手術日決定。

9ヶ月目最初の定期検診。
前回行なった後期検査(採血と内診)、および恒例の検査(エコー、体重&血圧など)で問題はありませんでした。……尿検査で「ちょっと糖が出ている」とは言われてしまいましたが。行く前の朝ごはんのせいか、はたまた前夜に食べたどら焼きのせいか (^^;A

……さて本日のメインイベント、というか緊張のもとである手術の予定日の話。
半月ほど前に出した希望が通りまして、来月24日に決まりました。
当日朝に入院して、午後の早いうちに行なう手術自体は30分もかからないとなると、前回よりもだいぶ早く全行程が終わる(産まれる)のはほぼ確実。そういえば前も、始まってから産まれるまでは早かったっけ。当初は経膣で産む予定だったからそのための処置(促進剤投与とか)を6時間ぐらいやっていて、途中で帝王切開に急きょ変更されたがゆえに、その手続きとか病院側の準備に時間がかかっていただけで。

……ともあれ、具体的に決まってくると、一昨日も書きましたが心構えとともに少なからぬ緊張も。とにかくひたすら、気持ち悪い状態(手術中、局部麻酔が効いている間)&痛い状態(術後、傷が塞がるまで)がキライなもので(ははははは)

| | コメント (0)
|

つれづれ:15.2.20

実家におります。
明日の定期検診で手術予定日が決まる(決まったと言われる)はずなので、緊張。

私が小さい頃好きだった『ノ○タン』シリーズの絵本に、子供がただいま夢中になっております。絵の色がきれいだし、動物キャラがいろいろ出てくるからかな。
その本自体が私が実際読んでいたもの(つまり約40年もの)なので、時を経て子供が読んでいる現状にしみじみ。まぁそれ以前に、うちの親がよくこれだけきれいに保管していたものだな〜と感心。

そういえば里帰り用の荷作り。
……結局、昨日に至るまで全然できていなかったので、昨日の朝出かける前に、絶対に要りそうな物だけ急ぎ詰め込みました。もし、明日の検診で、いきなり入院とかの診断が出たらやばいなと思って……いえ、そこまで調子が悪いというわけではないのですが、おなかが急に重くなってほぼ常時しんどかったり、中の人がおそろしく活発だったりはするので(苦笑)、万が一の異常があった場合を考えて。

なにぶん、年齢(私の)が年齢ですしね〜。バリバリの高齢出産&9ヶ月目、気をつけるに越したことはありませんから。はい。

| | コメント (0)
|

助産師さんとの面談。

本日の病院行きは検診ではなく、助産師さんとの面談が目的でした。
(病院における名称は「助産師外来」)
いちおう、妊娠中期と後期にそれぞれ1回ずつ、と推奨されていて、第1子の時はその通りにしたんですけど。
今回は検診のための帰省が子供連れなので、前回のように日帰りでは行き来しにくい。加えて、前よりも外来受付の曜日が限定されているので、日にちも選びにくく……どうしようか迷っているうちに中期は過ぎ去ってしまいました(ははは)

正直に言うと、今回は行かずに済ませてしまおうかな〜なんて考えたりもしました。実は前回、2回ともあまり話すことがなかった記憶もあるし……話の続かない30分(外来の一人あたりの割り当て時間)はけっこうつらい。
しかし、考えてみれば今回は初めから手術予定で、前回とは違う注意点とかがあるかもしれない。
かつ、あれこれ考えているうちに自主的に話したいこともいくつか出てきたので、検診その他の予定を考慮しつつ本日の予約を取った次第です。

現時点で聞きたいこと聞けること、および言いたいことは全部話せました(結果、割り当て時間もほぼいっぱいまで使ったし)
手術の詳細とか日にちについては後日検診時に先生から、とのことですが、入院が手術当日の朝で、本番が昼の早いうちであること(予定)は判明。
……少しずつでも具体的にわかってくると、心構えはできるけど、緊張もさらに強まるなぁ。ひとえに私が「痛いことが人一倍苦手」なせいでしょうけど(苦笑)

(ちなみに病院では「母親教室」というのも開催していますが、これは本当に行かないつもり。絶対に時間の無駄になりそうな気がして……参加した前回を思い返すと、どうせ経膣分娩の人向けの話がほとんどだろうし、そのつもりで聞いていた前回でも「この、講義を進める段取りの悪さはいったいどういうこと??」と何度も思いましたから、えぇ)

| | コメント (0)
|

段取りと不安の一日。

明日からまた実家に行くので、いつものように各種段取りの一日。

……いろいろと不安も抱えつつ、明日という日を待ちます。
(助産師さんとの面談あり、何が原因で家族とぶつかるかわからない懸念もあり……ふー)

| | コメント (0)
|

参加にともなう悩みというか。

地域の子育てサークルの日でした。
3月&4月は里帰り中で行けないし、その後も新生児連れての外出はしばらく難しいから(暑い季節にもなるし)、今日でしばらくご無沙汰になるな〜と思いつつ参加。
……私と子供が行くまで、母子2組しかいませんでした。毎回参加している(できている)わけではなく、行った時に限って参加者が少ない、という個人的傾向はあるにせよ、本日はとみに少なかったな……スタッフさんの方が多かったくらい。
雨が降ったり止んだりの不安定な天気だったせいでしょうか。それとも何か、どこかで別の子育て関係行事とかあったのかしら?

まぁ子供本人は人数少なかろうが多かろうがマイペースに遊ぶ性格だし、今日も楽しんでいたようなので、それはいいです。
……しかし、同じく人数に関係ないのが、スタッフの一人としてほぼ毎回会場にいらっしゃる身内に、気を遣わざるを得ない現実(以前にも書いた気はしますが)……たいていは「終了後にお昼一緒にどうか」という話になりますしね。近辺の飲食店は狭い所が多くて、聞き分けることが難しい状態の子供をランチタイムに連れて行くのは、とても気が引ける。そうでなかったとしても、私一人で義両親と食事をすることは、多かれ少なかれ疲れます。

特に今日は、朝から私の体調がよろしくなかったものの、子供を少しでも遊ばせてあげたいがために行ったので、それ以降にどこか行ったり気を遣ったりする体力気力は無いと言わざるを得なくて……そう言うと必ず「何か(お昼ごはんになる物を)持って行こうか、買って行こうか」と言われ、3回中2回は断れなくて何か頂くのが定番コース。今日はかなりしんどいし提案されたのが私のあまり好きでないお店の持ち帰り品だったため、がんばって断りましたけど。

そして来月のサークル予定を見ると、普段は我が家からだいぶ遠い場所でやっている日にちに、近くの幼稚園(現状で子供入園の第一希望園)を借りて開催されると判明。……いつもならたぶん行くんですが、現状のような体調が続くなら難しいかも。当日ギリギリで判断するしかないかな。

| | コメント (0)
|

すすまない荷作り。

現状、できるだけ時間の合間を見つけてやらねばならない作業は、里帰り用の荷作り。
入院用の荷物を急ぎ詰め込んで早半月。今回は子供がいる分、前回よりさらに荷物が多くなるのが確実なのだから、少しずつでも日々進めていかなくてはいけないのですけど……すすまない、どころかまったく手をつけておりません(爆)
純粋に時間を空けづらいのもありますが(荷作りってついそこそこ手間をかけてしまうからある程度の時間は確保したい)、里帰り自体に気乗りしていないのも一因でしょうか……無理なのは重々承知していても、今もなお、帰らずに済むなら帰りたくないという思いは強いので。

しかしその気持ちは別として、いいかげん取りかからないとまずいよなぁ……来月3日に、実家の親に引き取りに来てもらう約束をしているのだし。ということは残り18日。検診のために帰る3日間を除くと実質15日。
……うーん、けっこうやばいですね。私の作業スピードを考えると(汗)
とりあえず、今週中になんとか1箱分は詰めるよう努力しなくちゃ。
(ちなみに予想では段ボール4〜5箱になるかと……前回が確か4箱だったので。いや、ひょっとしたらもう1箱は増えるかも。わーやばいやばい (^^;A)

| | コメント (0)
|

こんな日なのに。

本日は連れの誕生日でした。

……なのに、やりたいことやらねばならないことがあったにもかかわらず、心身不安定の程度が半端じゃなくて、ほとんどはキャンセルか私だけお休み。

(誕生日のお祝いをはじめ、新生児用品の買い物とか、その他諸々する予定だったのに……かろうじてキャンセルしなかったのは義両親主催の夕食会だけ)

よりによってこんな日に、連れには本当に申し訳ないことをしてしまいました。
できるだけ時間を費やしてまたいろいろ話し合った結果、今後のことに対する不安がいくらか緩和されたのが(連れが「(私が少しでも楽になれる)方法が見つかったんだからよかった」と言ってくれたのも)、救いです。
……あとは、その「方法」でうまく運ぶ結果になれば良いのですが。

| | コメント (0)
|

この先は当面ご無沙汰。

ZABADAKの歌会に行ってきました。通称ザバうた、要するにファン同士が集まってザバダックの曲を歌いまくる、そういう会です。
久しぶりの参加という印象でしたけど、手帳などをチェックしてみたら前回開催は去年10月、つまり私(+連れ)が参加した時。たまたま前回と今回の間隔がいつもより空いていただけだった、という事実(苦笑)

……当初、今回の参加を私は考えていませんでした。

なぜかといえば連れのご両親のご都合がつかないだろうと思ったから。時期的にお仕事そのもの、もしくはお仕事関連のなにかが9割方入りそうだし……後日聞いたところ、実際そのつもりであった(仕事当日ではないけど準備作業に時間を使いたかった)ようです。
が、連れの「この先当分は(私が)無理だから一緒に参加したい」という希望に始まり、義両親にも都合を付けていただけることになったゆえ、本日の予定が「歌会参加」と相成りました。

たしかに、次回(+それ以降の)開催は確実に出産後なわけで、第2子が新生児、そして0歳である今後1年はどちらの両親にも預けにくい。1歳を超えても、幼児二人の面倒を見てもらうことはなかなか頼みにくいものですし。かつ、現状から考えるだけでも上の子が元気すぎる、下ももしかしたらなかなかの活発さかもしれないと想像しますとね……大人2人だけで出かける機会を、今以上に持てなくなるのは間違いありません。

そういうわけでこの先が当面ご無沙汰となりますから、歌いまくってきました。

本当は終了後の食事会にも行きたかったんですけど、そうすると帰宅時間がだいぶ遅くなってしまうので、(前回に引き続き)断念。その代わりにというか、梅田まで戻ってきてから連れと、回るお寿司屋さんにて夕食タイム(笑)
……次に行けるのはいつになるんだろうな〜実際。今年いっぱいは絶対無理だろうから、早くても1年後、どうかすれば2年3年は経過するかもな……少なくともそれまで(私が再び行ける日まで)は、ザバうた活動が続いていてくれることを願います。

| | コメント (0)
|

マイナートラブルの悩み。

本日から9ヶ月目に入りました。
……2回目は1回目よりもつわりとかが楽、という人もいるようですが、これはほんとに人それぞれのようで、私はまったくの真逆。
しかも、前回も経験したマイナートラブルがことごとく前回よりひどいという、嫌な状態……つわりに始まり、咳喘息の再発、尿もれ、足のつり。

最近では、急におなかが大きくなってきたせいもあるのか、しょっちゅう重く感じるし前回より張りやすい気がするし、おまけに中の人(文字通り)が第1子よりもさらによく動いている気も……元気なのはもちろん良いのですが、もし出てきてからもこんな調子で、上の子よりさらにわんぱくだったらどうしよう、と別の意味での心配をけっこう本気でしていたりします(わりと切実。体力とても足りません)
その心配はさておくとしても、中の人が動く=内側から圧迫されるわけで、動きが活発すぎる時だと苦しく感じる場合も多くて、そういう面でもしんどいのですね。ふー。

早く出してしまいたいような、まだ猶予がほしいような。とても複雑な気持ちでおります。

| | コメント (0)
|

名前を決める。

昨日は、出かけるつもりはあったものの(近所での買い物程度ですが)、結果的にほとんどの時間を話し合いに割いてしまった一日。
一番長くかかったのは昨日書いた内容でしたが、もうひとつのメインは第2子の名付け。
この件も数日前に話題にしましたけれど、単独で考えて決めると宣言していた(実際に一度は決めていた)はずの連れが、再び迷ってしまっているから私に相談するかもしれない、と言っていまして。
相談するなら昨日(2/11、祝日)と聞いていたので、尋ねたところ、まだ決めかねているからということで、昼食後の2時間ちょっとは名前の相談。

最初に連れが作ったリストをまず見せてもらい、私個人が「これがいい」と思う名前を最低限までしぼりました。その結果、残ったのは2つ。
その後、連れが現状で迷っている候補(5つありました)を教えてもらうと、前段階で私が選んだ名前は2つとも含まれず。……まぁ実は「これが好きだから選んだ」というのではなく「他のもので引っかかる点があったからそれらを消していったらこれが残った」という経緯で選んだ候補だったので、さほど執着や未練は感じませんでした。なので、連れの考える候補5つから再選定。
そして再び2つまでしぼったものの、決め手がなかなか思い浮かばなかったので、一度「あみだくじ」をしてみることに。……そこで、連れがよけいにもユーモア精神を発揮し、どれか選んでと見せられたくじの選択肢はなぜか3つ。名前2つ以外の結果はなんて書いてあるねん、と思いながら真ん中を選んだら、よりによって名前じゃない結果に行き着きました……しかも「はずれ」と書いてあり、おまけにその瞬間、まさに私が飲み物を口に含んだところだったため、あまりの衝撃に思い切り吹き出してしまうという醜態……後から思い返せば笑い話ですけど、その時はほんとに、いろんな意味でショックでしたよ (^^;;;

結局、最終決定は連れにゆだねることになり、しばらく悩んでもらった結果、2つのうちの1つに決まりました。
ちなみに年明け時点で「これにする」と一度は決めていた名前だそうです。うーむ。第一候補はやっぱり強かった、と言うべきか(さらに言えば「初詣の時にその名前でお祈りした」のが決め手だったとか……それを早く思い出そうよ (^o^;)

| | コメント (0)
|

続く懸念。

……あんまり、考えたり言ったりしたくないことではあるのですが。
だから詳しい話は省きますけど、数日前の日記「里帰り中の懸念2」の内容が、ちっとも好転する気がしない今日この頃なのです。
なので、懸念はどんどん強まっていて「どうしたらいいかわからない」感が現在、最高値に近いかもしれないという気分……がんばって冷静に自己分析して、もはや「心が病んでいる」状態に足を踏み入れているんじゃないか、とも思います。
このままでは自分が保てない上、親との喧嘩が遠からず、取り返しのつかないレベルになってしまうかもしれない……万一、いつかそういうことがやむを得ず起こるとしても、子供がある程度の年齢になるまでの年月は避けたい。それも無理ならせめて今は、今のこの時期だけはなんとか回避したい、のに。

そんなふうに思って、不安が大きくなるばかりで振り払えない、という心理に陥っている現状。
ひとりで考えて答えを出せる状態ではもはや無いので、ここ数日、連れに真剣に相談中。幸い時間の許す限り話を聞いてくれていますが、毎回長くなってしまうし、今日などはほぼ一日をこの件で費やしてしまいました……せっかくの休みなのに申し訳ない、と別の意味で落ち込んじゃうわけですが、それはさておくとして。
相談しても、私自身が納得できる打開策は容易には見つけられず、気分も上向きにはなりにくい……ほんと、私が一番困っているしひたすら途方に暮れています(号泣)

| | コメント (0)
|

髪に悩む。

今現在悩んでいること、まぁいろいろあるのですが、そのうちのひとつが髪。
具体的に言えば、髪を切るかどうするか。
普段のように「毛先をそろえる、量が多いので軽くするためにすいてもらう」のではなく、ばっさり短くしてしまうか現状の長さ(セミロング)にとどめておくか、の点において、悩んでおります……

理由は、やはり出産にともなうことでして、何度か書いているように、今回は帝王切開になることが初めから決まっています。
そうなると手術後、入院中はシャワーすら使えませんし(熱いタオルで拭かせてもらうのが精一杯)、退院後も子供の1ヶ月検診頃までは入浴できません……必然的に、洗髪をどうやって済ませるかが問題になってくるわけです。洗面台などを利用して髪だけ洗うこと自体はできるけど、けっこう面倒だし、ある程度長いと乾かすのもひと手間。

なので、ショートカットレベルで短くして1ヶ月+10日ほどお風呂に入れないことによる手間を省くか、その後やってくる暑い季節に備えて長さを残しておくか(汗かきなので夏場は髪をゴムなどでひとまとめにしておきたい、でも長さが中途半端だとそれができない)……の二者択一。どちらにもメリット&デメリットがあり、よりメリットが大きいのがどちらか、判断しかねている現時点。
しいて考えれば、ショート並みにばっさり切っちゃうと、伸びるまでにかなり日にちを要するので、切らない方がメリット大きいと言えるでしょうけれど……でも、短くした場合のメリットも捨てがたい(そちらの方が時期が近いし)

だいぶ本気で悩んでいます。うーんうーんうーん、どうしよう……?

| | コメント (0)
|

おなかや足腰や。

ここ1〜2ヶ月ほどで、おなかが急に大きくなってきました。
6ヶ月目くらいまで、普段の見た目とさほど大きな違いはなかったんですけどね〜。季節柄、外出時コートを着ていると目立たないかもしれませんが、そうなければ近頃は見るからに妊婦で、とにかくおなかが重い。かつ、中の人がよく動くのでけっこう気になるし、時として「内から押される感覚」が苦しい時もあります。

……加えて、おなかの重みが足の付け根や腰にも影響を及ぼし、時々痛む状態。
相変わらず足はつりやすいし(妊婦によくあるマイナートラブルのひとつ)、ちょっと変な姿勢(中途半端な寝返りとかソファでとか)で寝てしまったら、起きた後しばらくはうまく歩けないこともしばしば……うーん。
産後は全部ちゃんと治るのかなぁ。治ればいいんですけどねぇ(ため息)

| | コメント (0)
|

子供の名付け。

出産にあたって、誰もが必ず悩む(であろう)ことのひとつが、子供の名付け。
昔ながらの画数にこだわったり、意味や語感の好きな漢字を重視したり、人それぞれいろんな方法があることと思います。

うちの場合、私も連れも古風というか保守的な面があるので、まず考慮するのは画数ですね。信じる信じないはさておき、今もそれなりに知られている占いのジャンルだし、どうせなら良いと言われる数にしておきたい。
あと、名字がどちらかといえばめずらしい、かつ正しく読まれにくいので、名前はなるべく一見して読める組み合わせにしてあげたい。でもキラキラネームは無し。そういう方向性です。

……基本的な考え方が一致しているのはいいのですが、実際の名付けは連れの単独作業。第1子の時から「自分が考えて決めるから」との一点張りで、ほぼ口を挟ませてくれません。
かろうじて考え始めの時期、手当たり次第に候補をリストアップしている段階のメモは見せてくれますが、そこからしぼっていく過程はまったく相談なし。最終決定ののち、家族に言う前日になってやっと教えてくれます。
双方の親には当然呆れられているし、会社でも「それはおかしいんじゃないか」と言われたようですけど、当人は主義を変える気は1ミリたりともない様子。私も本音では、せめて2つか3つにしぼった段階で教えてほしいと思うものの、連れの頑固さもよくわかっているので今はあきらめております(苦笑)……まぁ、前述のように幸いどちらも古風な人間なので、キラキラネームになることはありえないと確信できていますし。

しかし今回、何が起きたのか、ここに来てかなり悩んでいるもよう。
今月中旬にやる連れの誕生日会で、義両親には教えるからその前日には決まっていなくちゃいけないのに、というかしばらく前に「1つに決めた」と言っていたはずなのに、なぜだか再び迷いが生じているらしい……もしかしたら数日前(発表の)に○○(私)に相談するかも、なんて言うくらいなので、心底悩んでいるんだな〜と実感。こういう決断を、一度したらまず変えることのない連れにしては、相当めずらしい出来事です。
……さて、発表までちょうど1週間、どうなるんでしょうか。

| | コメント (0)
|

いちおう決める。

一昨日の検診で、実際の出産(予定)日が早まることが判明しまして。
これまでの出産予定日の2週間前、プラス前後2日(の手術可能な日=毎週火・金)が選択可能な日にちとなり、手術予定日の候補は3つ。
……いずれも、3月下旬。

通常、出産日なんてのは事前に選べるものじゃなくて、生まれてほしい日には当たらなかったということも多々あるはず。しかし選べる立場になったらそれはそれで、難しい部分もありますね……正確に言えば日にちは限定されているから、「どの日でもOK」な状況ではないし。
となると、できるだけ「子供にとってのリスクが少ない日にち」を考えて選ぶのが、親としての責任だと思うわけです。
あらためて本日、連れと話し合ってみた結果から申しますと、候補の中で一番早い日にちで決めました。その日ならギリギリ、少なくとも自宅の地域では、学校が3学期中のはずなのです。他の2日は完全に春休みに入っちゃうので……子供が学齢期のうちはやはり、友達の間で誕生日の話題が大きく扱われることもあるし、その日が長期休み中だと話題にしづらかったり友達におめでとうを言ってもらいにくかったりしてかわいそう、というのが連れが特に力説したポイントでして。

私もその点については頭に浮かんだものの、大きなデメリットとまでは考えていなかったので、早生まれ経験者の視点はやっぱり違うんだな〜と思いました(いい意味で)

まぁつまり、私の手術日が2週間+数日早まることになるわけで、現実感も不安もますますリアルさを増してこわいんですけど……多少延ばしたところで、いずれは必ず来る日なのだから、怖がってばかりいてもしょうがない。
むしろ、嫌なことを早めに終えられると思った方が得ですね。この日にちで決まれば、4月中に1ヶ月検診を済ませやすくなるし、予想よりだいぶ早く、実家から自宅に戻れるかもしれない。帰省(里帰り)はなるべく短い方が、結果的に全員の疲れが少ないというのを、かなり実感している今日この頃なので。
(それにもしかしたらもしかしたら、某来日ダンス公演を観に行くのも不可能じゃないかも! 公演日まで1ヶ月以上の間隔があるわけだから……もちろん言うまでもなく自分と子供と周囲の状態によりにけりですが)

| | コメント (0)
|

里帰り中の懸念2。

夕方に自宅戻り。
そして恒例の、たまった家事の片付け作業で日付が変わる(苦笑)

……先日、実家に里帰りした時に発生するであろう懸念について書きましたが。
今回の一時帰省で他にも、というか前々から気がかりではあったのだけどさらに不安が強まった、そういう事柄が浮き彫りに。
長々と書くのはやめておきますが、要するに、様々な理由でイライラしたり引っかかることがあった時に、親子間で言い争いになるパターンが近頃とみに多いという現状。良くも悪くも遠慮なく話をするから食い違いも生まれやすく、それについての考え方やとらえ方を当事者の間ですり合わせるのが難しい場合も多く、この3日間で起きた口論の中では正直、かなり途方に暮れる思いも味わいました……はー。
そう(喧嘩に)ならないようにと思って、気になっていたことや引っかかったことを「お互い注意しよう」という意味合いで(少なくとも私は)持ち出しても、それ自体が喧嘩の種になったりするし……ここ1ヶ月ほどの言い争いはほとんどがそのパターンで、そんなのが続くとほんと、心底疲れちゃうし時にはむなしさのあまり涙も出ます。

検診その他の都合上、出産(今回の場合は手術)予定日の前後1ヶ月は実家にいる必要があるので、里帰り期間は最短でも約2ヶ月。
……どれだけ気をつけても、1度も喧嘩せずにいるのは絶対に無理。普段の一時帰省(2泊3日)でも1度ならず2〜3度という場合があるし、いる日にちが長いほど心身の疲労がたまって全員イライラしやすくなるから……今回は初めから子供が一人いる上、私の入院中(最低1週間)は両親のみで上の子を世話して、退院後は新生児がプラスされるのですから疲れないはずがありません。

どうすればなるべく言い争わずにいられるのかな……原因のほとんどは結局、お互いの価値観や判断基準が違うというところにあるので、ひとたび衝突しちゃうと妥協点を見つけるのがむずかしい。
客観的に見れば、私が何も言わずにいるのが一番手っ取り早い、かつ無難なのでしょう。しかし気になることをずっと我慢していられる性格でもないので、我慢しすぎて爆発しないように、どうしてもと思うポイントだけ選んで話しているつもりなのですが、それ自体が相手の気に障るという悪循環。
…………気になったとしても「まぁいいや」と思って受け流せる、そういうおおらかさがほしいです(もうほんとに切実に)

| | コメント (0)
|

予想外の前倒し!

何度か書きましたが、今回の出産予定日は4月上旬と設定されております。
なので、まぁ最初からおなか切ることが決まっているから「その日」は予定日ちょうどか、ずれたとしても前後数日、どちらかといえば前倒しになるのかな……と考えていました。

で、本日が8ヶ月目ラストの検診。
各種検査(通常の検尿・体重血圧・エコーは問題なし、後期検査の結果は後日)ののち、これまでで初めて、手術予定日についての話が先生から持ち出されまして。
……帝王切開予定の場合は2週間前なんです(←先生の発言ほぼそのまま)、とまず言われた時、すぐには意味がわかりませんでした。2回聞き直してようやく、初めからその予定がある場合、実際に手術する日は出産予定日の2週間前が目安、とのこと。
「えーと、つまり、予測していた時期より2週間早く産むってこと???」
正直かなりうろたえました。予想外の前倒し具合、手術の覚悟を早めなくてはいけない点についてもですが、子供の誕生日が4月(9割方)になると思っていたのに3月(ほぼ確定)に変わったわけで……そう、学年がこれまでの認識より1年上になっちゃうのですよ。しかも3月下旬、超早生まれ。

連れと「早生まれじゃない方がいいかな(発育上どうしても不利な場合がありうるし)」と話をしていたので、わかってしばらくは複雑な気持ちもありました。
が、連れに電話報告したところ、上の子と2学年差になるならむしろその方がいいと言われ(できる前の希望ではそうだったらしく今回けっこう喜んでもいた)、まぁそれもそうかな〜と。今までの認識(3学年差)だと入学&卒業行事で日にちが重なった場合が大変、どちらかに行かないなんてのはかわいそうだよな……とか考えてもいましたし。
同学年の4月生まれの子とはほぼ1年差になるわけで、どうしたって身体測定などでは数値が小さくなりやすいだろうけど、まぁそれはしょうがないなと割り切ります。本人が気にした場合ちょっとかわいそうですが……おそらく女の子だし、それなら小柄だったりしても可愛いとごまかし、否(苦笑)、表現しても差し支え少ないだろうし。早生まれ仲間もいるから(連れが2月生まれ)、もし子供が悩んだら、似た立場からの話もしてもらえるだろうと思います。

……さて、いちおう納得はしたものの、いろいろ考え直さねばなりません。
(ていうか、病院の方針だか医療処置上だか知りませんが「予定日の2週間前に手術」と決まっているのならもっと早く教えてくださいよ! と1度でいいから叫びたくなりつつも)
今後の家庭計画もさることながら、急ぐのは手術予定日の希望を出すことと(選べる日にちが3つあるので希望順を考えて連絡)、産院の助産師さんとの面談日決めですね……面談だけのために通院(+実家行き)するのはめんどくさいから里帰りしてからでいいかと思っていたのですが、今回の件を考慮するとそれでは遅すぎるので、次回検診の一時帰省の間に行くことにしました。なんとか予約が取れて一安心(ほっ)

| | コメント (0)
|

ちょっと楽しい買い物。

実家行き1日目。
普段なら到着後にお昼食べてしばらく休んで通院、なのですが。
前回「次は妊娠後期検査なのでできるだけ午前中に」と言われたため、今回の検診は明日午前。めずらしく今日は食後のんびり。

とはいえ、本当になんにもしないと時間がもったいないので、暗くなる前に買い物がてらの散歩外出。
途中で入院準備のことを思い出して、新生児用の新しい肌着とか、その他足りなかった品物を買いました。女の子(おそらく)だから、とピンクを選べるのがちょっと楽しかったです(笑)

| | コメント (0)
|

つれづれ:15.2.3

明日からの3日間が、検診のための実家行き。
なので例によって、事前の段取りに追われています。
荷物詰めはもちろんのこと、家事の前倒しとか、私がいない間の連れの食事準備とか(幸いにしてある程度料理はできるので食材の購入が主たる準備)

……編み物とか、短い話の入力作業とか、なんやかやで中断しちゃっているなー。
里帰りしたらもう少し時間が確保できるかしら。

| | コメント (0)
|

つれづれ:15.2.2

近頃さむいので、よりいっそう、買い物以外ではなかなか出かける気が起きない私。
8か月目も後半のせいか、おなかがどんどん重くなってきましたし……そうなると足腰にもけっこう影響が。あちこち痛くなりやすいし、基本的に通常より動きづらい。

一番イヤなのは、現状ただでさえ(妊婦なので)足がつりやすいのですが、その際の痛みが半端ないこと。
多少長く痛みがあっても引き始めればそのまま治まる、のであればまだいい。しかし今の私の場合、いったん痛みが引いても間断なくまた襲ってくる、それが何度繰り返されるかはわからない(その時々による)という、とても嫌な状態……これ、本気でつらいです。
最初の1・2回はなんとか我慢できても、途中からはもう、痛みのために声が抑えられません……陣痛じゃないんだから、と毎回涙目になりながら思う日々。
「もしかして、今回は普通分娩予定ではないから(陣痛はあまり縁がなさそうだから)、代わりに今こういう状態になっているとか……?」なんて考えてしまうほどに、この痛さが理不尽に感じられてなりません。しくしくしく。

| | コメント (0)
|

そして今日から2月。

2月が始まりました。
……ついったーで、今年もあと11ヶ月なんですね、なんてつぶやきを目にして、ちょっとばかり疲れてしまいました。ネタでもそういう言い回しやめて……と思っちゃう私はきっと心身が不安定です(苦笑)

そういえば、里帰りの荷物そろそろリストアップ(前回のと比べて)し直さなきゃな〜、とは思っていたのに、入院用の荷物についてはなぜかすっかり、頭から抜け落ちていた私。危ない危ない。
どちらかというとそっち(入院用)の方が準備優先ですものね……前回よりもさらに高齢出産なんだし、現在順調とはいえ、不測の事態が起きても最低限対応できるようにしておかなくてはいけないわけで。
というわけで昨日、7割くらいは詰め込みました。何点か足りない物が発覚したので、それらを今週中には買う予定。

| | コメント (0)
|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »