« 暑すぎる日々。 | トップページ | 幼稚園のお祭り。 »

2016年8月 4日 (木)

ひさびさのリコーダー。

一昨日からリコーダーの練習をしています。

ZABADAKのライブによく行った、あまり行かないけど感想は見たり聞いたりする、という人ならご存知かと思いますが、いつからかライブに現れる(?)ようになった通称「風部」。
おおざっぱな私の知識で説明すれば、いくつかある「リコーダーパートのある曲」が演奏される際、リコーダーその他笛の音が出る楽器をお客さんが任意で持参し、客席で吹いて演奏に参加するというもの。たぶん、固定された「部活」とかではないと思います。常連さんはきっといるでしょうけど。
1度か2度書きましたが、かつて1回だけ、参加したことがあります。2009年春のこのライブ。……当日の日記に書いてはおりませんが、もうぐだぐだでした。なにせ、当日に会場で楽譜をもらうまで、まったく練習しなかったのですから……いま思えばよくそんなことやる気になったな、と思う。素人がぶっつけ本番で吹けるものじゃない。

そのような思い出があるので、8/7のお別れ会で、ライブ演奏の時に「POLAND」をやるから「風部」出動してください、という呼びかけが(Twitterで小峰さんから直接)あった時には迷いました。
前回の時も同じ曲で、ZABADAKにはまる直接のきっかけとなった曲だからリベンジを果たしたい気持ちはあったけど、練習したところで吹けるのだろうかと……聴くよりも演奏する方がテンポ速く感じますし、学生時代はわりとリコーダー得意だったといっても、それから20年以上ほぼご無沙汰な状態ですし。
なにより、リコーダー実家にあるはずだし、行って探して持ち帰るような暇はないよなーと思い、小峰さん言うところの「はっ!部」(曲の途中でそうシャウトする箇所がいくつかある)に、せめて参加するつもりでいました。

……が、ふと思い出して引っ越し時の品物リストを見てみると、しっかり「リコーダー」の文字が。クローゼットを探しましたら、わりとあっさり出てきてしまいました。小学校時代から使っていたソプラノリコーダー。
…………ちょっと迷いましたけど、この機会を逃したらもしかしたら次は無いかも、と思って、練習なうです。学生時代、実技テストは緊張したけど楽しみでもあったからか、ひさびさに吹くこと自体に抵抗はない。指使いも規則的な音階はなんとかいけそう。しかしそうでない音、高い「シ」とかさらに高いオクターブの「レ」とかは初めて試みる指使いで、とっさにはできない。
そして根本的に、やはり曲のテンポについてゆくのが難しい……けっこう速いです。慣れていないから、規則的な運指の箇所でもつまづくし、1度そうなると立て直しがたいへん。
ずっと練習しているわけにもいかないので、家事と育児の合間合間に挟み込むように、数回ずつ吹いている。こんなんで当日に間に合うのかなと不安になりつつも、練習するのはちょっと楽しい。パート全部を完璧に吹くのはきっと無理だから、9割くらいは確実に吹ける部分を見つけて、そこを集中的にがんばろうと思います。

|

« 暑すぎる日々。 | トップページ | 幼稚園のお祭り。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑すぎる日々。 | トップページ | 幼稚園のお祭り。 »