« そうさく畑FINAL | トップページ | 子供服の悩み。 »

2016年11月 7日 (月)

創作的な今後。

昨日のそうさく畑FINAL。
しばらくぶりに売り上げゼロでした。まぁこれまでにも複数回経験ありますが、ある程度慣れはしても、平気になったとまでは言えない。
しかしそれ以上にしんどく思ったのは、見事なまでに、どなたも(知人を除いて)立ち止まってくださらなかったことですね……これはきびしい。

以下は、創作的に思うようにならないことへの愚痴と、「今後のイベント参加はこれまで以上に控えるかも」な話題ですので、そういうのを読みたくない方はスルーなさってください。

さて。

売れないこと、無料本すら手に取ってもらえないこと、それはつらい。
でもご購入いただいたり持ち帰っていただいたりした場合でも、その時はもちろん嬉しいけど、後日つらくなる。感想が来ないから。
サークル参加を始めてからの10年、感想を頂いたのは、参加時に多少でも親しくなった知人を除けば、たぶん片手の指の数でも余ってしまう程度の回数。
知人からであっても、最初の数年はちらほら頂きましたけど、その後(5〜6年くらい)はさっぱり。
……それはやはり、感想を書く気が(知人ですら)起きない、その程度の価値判断しかされない作品であった、と考えるしかないわけで。わかっているんです、書いているものがいわゆる「受ける」タイプではないことは。受けるための努力も、人目を引く努力も特にしているわけでなし、目に留めてもらえなくても反応がなくてもそれはむしろ当然であると。
わかっているなら、あきらめればいいと客観的には思うのですが。
イベント参加を性懲りもなく続けてしまうのは、ひとりでいいから感想をくれる人に出会えれば、というバカな期待が捨てきれないからで……ほんとにね、書き始めた頃のように、自己満足だけで済ませておければいいのに、と心底思う。そういう意味で無欲になりたいと真剣に願う。

現状、イベント参加がモチベーションのひとつ、というかどうにかして作品を完結させるための動機の大半ではありますけど、参加することで無駄な期待も捨てられないのであれば、精神衛生のためにはいっそ、やめてしまうべきかな……と今まで時たま考えはしたことを、けっこう本気度強いレベルで考えています。
しかしいきなり完全に断ち切るほどの勇気はないので、来年の文学フリマ大阪くらいは出ようかな、と思いつつ。
オンラインでの発表は、まぁ根本的に書ける数が少なすぎるから、1年のほとんどは「活動休止」と表面上変わりありませんけど、書けたら各所にアップする方針は当面続けるつもりでいます。公開中の作品は、その場所(サイト)がある限りは置いておくつもりです。

しみじみと、書くだけで満足していた頃がなつかしい。かつ、当時の自分がうらやましい。

(最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。まぁ客観的な状態としてはなにひとつ変化ないんですけどね……私個人の心構えの問題で)

|

« そうさく畑FINAL | トップページ | 子供服の悩み。 »

創作関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうさく畑FINAL | トップページ | 子供服の悩み。 »