« いろいろな前日。 | トップページ | ライブ翌日および実家2日目。 »

2016年12月 9日 (金)

ZABADAK 30thライブin神戸

行ってきました。
……小峰公子さんが、半年ほど前チキンに来た時にはこんなことになるとは(思っていなかった)、というふうに最初のMC(2曲目と3曲目の間)でおっしゃっていました。この上なく同感です。久しぶりのZABADAKライブが吉良さん不在だなんて、思いもしませんでした……あらためて、さみしい。

とりあえずセットリストを書きました。
12/15現在、すでに公式サイトにも載っています。曲順の間違いは無いはずです。


2016.12.9 ZABADAK 30th ライブ(in神戸チキンジョージ)

1.Birthday
2.樹海 -umi-
3.グスコーブドリの伝記(インストゥルメンタル)
4.河は広くても
5.生まれては別れにむかうわたしたちのために
6.Still I`m fine
7.いのちの記憶
8.Psi-trailing
9.旅の途中
10.ここが奈落なら、きみは天使
11.風の巨人(インスト/風部参加)
12.POLAND(インスト/風部参加)
13.相馬二遍返し
14.Deir Paider
15.五つの橋
16.ガラスの森(風部参加、たぶん抜き打ち)
17.easy going
(以下、アンコール)
18.夢を見る方法
19.遠い音楽(客席との合唱)
20.Tin Waltz(客席との合唱)

メインボーカルは、1〜7、13〜14、19が小峰さん。
8〜10+15が日比谷カタンさん。
16〜18と20は、複数の人が歌っていらしたと思います。

(*以下、年明けて1/9追記。長いので「続き」に分けます。間違いや、加筆すべきと思う点がありましたらご指摘ください)

曲と曲の間のMC(主に小峰さんのお話)、普段はさほど細かくメモしないんですけど、今回はなぜか「記録しなきゃ!」という衝動にとりつかれて可能な限りメモしまくりました。……すると途中で用紙がいっぱいになり、この調子で最後まで続けるのはさすがに大変とも思って、後半3分の1ほどはだいぶ簡略化(苦笑)
そんなわけで記述量に偏りがありますこと、先にご了承くださいませ。

○MCその1:冒頭に書いたことにプラスして、
 ・ZABADAKには吉良くん(注:小峰さんの呼び方)が作った伝説がある
 ・いいことも悪いことも今日は起こりそう
 ・鬼怒無月さん&向島ゆり子さん紹介(5曲目までは3名で演奏)

○その2(「生まれては〜」の前)
 ・曲紹介ののち、詩を書いたきっかけとして「子供を産んだ時に思ったことで、人は生まれたら死に向かうしかない、と抱っこした時に切実に思って……」といったお話
 ・そこでしんみりしてしまった様子の客席に「湿っぽくなるのはやめようね」と明るく一言、客席全体から控えめに笑い声

○その3(「Still I`m fine」の前)
 ・7月にめそめそしている時、(吉良さんと)一緒に出るはずだったライブに、周りの人が「出ようよ」と言ってくれて、あの時出なければずっと出なかったかもしれない。鬼怒さんたちに感謝。
 ・鬼怒さんが「(ライブで)こんなに歌うとは思わなかったでしょう?」と小峰さんに尋ねられて一言、「仕事ですから」
 ・ライブで(ステージ上に)吉良くんにまつわるものを置こうと思ったけど、お供えみたいになると嫌なので(置かなかった)
 ・「YouTubeで検索すると必ず出てくるベース」との前置きで、件のベース(吉良さんが「のれんわけ」ライブで使っていたもの?)を手に息子さんがステージに登場

○その4(「いのちの記憶」の前)
 ・(息子さんがチキンジョージに)最初に来た時は中学生で、スタッフさんがおいしい神戸牛を食べに連れて行ってくれた、でもその時にしか食べたことがない
 ・次は今「みんなのうた」で流れている曲。鬼怒さんも実はリクエストしてくれた、100票くらいの重みがありそう(ステージと客席から笑い)
 (「みんなのうた」には過去の曲をリクエストに応じて再放送してくれる枠があり、12月〜1月は「いのちの記憶」が選ばれたようです)

○その5(「Psi-trailing」の前)
 ・小峰さん以外の3人が一度退場、入れ替わりで日比谷カタンさん登場
 ・カタンさん曰く「いつもは『ぷらっとこだま』でビール付きで来ますが、今日はのぞみだったのでビールは自腹で買いました。『インドの青鬼』を」
 (個人的に、最近そのビールを飲んでみたばかりだったので少しウケました)
 ・小峰さんの「カタンさん、自分のライブでZABADAKいっぱい歌ってくれています」に応じて、カタンさんが「今日は初めての曲が多いので緊張しています」とのこと
 ・ファンの中で流行っているらしいカタンさん作の動画(?)「『シン・ゴジラ』メドレー」の話、およびご本人による一部実演
 (時々妙に記憶力の良い連れによれば、紅白歌合戦でいくつか挿入された『シン・ゴジラ』実況のひとつ、専門家やお偉いさんが話していたシーンらしい。ちなみに私も連れも映画自体は未見です)

○その6(「旅の途中」の前)
 ・ライブで何度もやっていると(曲のいろいろな)タイミングが変わったりする、正しい楽譜を見ると違っていることもある

○その7(「ここが奈落なら〜」の前)
 ・鬼怒さんと向島さん再登場
 ・小峰さんと向島さんが「○ザエさんを一度も観たことがない」という話題、「○カメちゃんをサ○エさんの子供と思っていた」などの発言が続々と

○その8(「風の巨人」の前)
 ・この曲(「ここが奈落なら〜」)また歌えて嬉しい、これからもいろんな人と歌っていく
 ・次は笛を持っている人よろしく、と風部参加の呼びかけ
 ・「風の巨人」の最初、誰かのチューナーが変(?)で演奏やり直し

○その9(「POLAND」の前)
 ・息子さん再登場
 ・次も笛の人どうぞ、と小峰さんが呼びかけ

○その10(「相馬二遍返し」の前)
 ・「吉良くん神戸サウナ好きだったから、関頭衣着ているかも」
 (小峰さんの発言なんですが、どういう話からここに至ったかの記憶もメモもなく……これだけ見ると唐突ですね、すみません)

○その11(「五つの橋」の前)
 ・31周年ライブを東京で3/25に、その後も年に何回かはやりたい
 ・30周年ライブのDVD、荒編集(?)までは(吉良さんも)見ていた。今作業中で、来年になると思うけど、発売する

……この後のMCについては、力尽きたらしくろくにメモがありません(爆)
その他の記録としては、「easy going」までは5人で演奏。アンコールの「夢を見る方法」は息子さん除く4人、「遠い音楽」は小峰さんと鬼怒さんのお二人、ラストの「Tin Waitz」は再び5人での演奏。
「遠い音楽」は小峰さんの呼びかけで客席との合唱。「Tin Waitz」も「知っている人は歌ってください」とのことだったので、実質的に合唱となりました。
他の曲でも、一部分が合唱っぽくなったり、客席の手拍子がすごかったりした時が何度か。特に「いのちの記憶」後半部分や「五つの橋」で。「easy going」は言うまでもなく(笑)

ZABADAKライブは、歌詞を覚えている人が多いのもあってか、ステージと客席の一体感が濃いような気がすると以前から思っておりました。……この日は、状況が状況だし自分の心境もあるし、でなおさら(ある意味当然と言うか、特殊な状況とも言えますけど)一体感は強かったように思います。
これまで、ゲストさんの多い時やZABADAK名義以外のライブは見る機会を作ってこなかったため、鬼怒さんも向島さんもカタンさんも、実はこの日初めて拝見。前評判をある程度頭に入れていったので、演奏もMCも落ち着いて楽しむことができました。ライブ中にふと「吉良さんがいない」ことを寂しく思ってしまう瞬間はありましたけど……個人的に馴染みのない方々がZABADAKを歌うことを受け入れられるか、という不安も行く前には少しありましたけど、心配したような、不快な違和感は覚えませんでした。
(いろんな意味でライブで聴く機会はないだろう、と思っていた「五つの橋」と「ガラスの森」、複雑な思いは若干あったものの、初めて生で聴けたのが嬉しかったです)
ファンでも個人の思いはそれぞれ、今後への意見もいろいろあると思いますけど、個人的には「これからもZABADAKを応援していこう、ライブもなるべく聴きに行こう」と思えた、そういうライブでした。行ってよかったです。

次の関西は、早くて来年の5〜6月くらい?(年明け1/9時点でも予定まだ不明)
できるだけ土曜か日曜でライブ日程が決まるといいな……と願いつつ。

あ、書きそびれるところでした。可能な限り練習して臨んでいった風部参加。
……結論から言うと、ドジりました。はい。
自分で言うのも何ですが、演奏自体は悪くなかったんです。「POLAND」はほぼ確実に吹けたし、2日前くらいに参加呼びかけを知って急きょTwitterのフォロワーさんに音階教わった「風の巨人」も、一部ではあるけれど暗譜して吹けました。
(「ガラスの森」は事前情報まったく無かった&音階知らなかったので不参加)
…………が、当日の出発前に、笛の中の掃除をしたのが結果的にはまずかった。万全にと思っての掃除に使った、ティッシュの一部が笛の中に残ってしまいまして………………気づいたのがライブから帰宅後という、なんともお粗末な展開。クリスチャンではないけれど「おーまいごっど」と言いたくなってしまった悲しい心境。
「なんか音が出にくいなぁ」とは思ったんだから、せめて途中で調べておけば良かったのに私ってば……だって風部参加曲が連続で来たから時間が惜しくて、と潔くない言い訳。大事なところでポカをする性質、学生時代から直っていない!!!!!(爆)
まぁ、次の機会がある時には気をつけるしかありません。次の機会が、忘れないうちに来ますように(管理能力弱っている今日この頃なのでわりと切実? (^^;)

|

« いろいろな前日。 | トップページ | ライブ翌日および実家2日目。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろな前日。 | トップページ | ライブ翌日および実家2日目。 »