« 明日のイベントのこと。 | トップページ | つれづれ:17.9.19 »

2017年9月18日 (月)

第五回文学フリマ大阪。

参加してきました。
スペースに足をお運びくださった皆様、何らかの形でかまってくださった方々、誠にありがとうございました。
(以下、ちょっと長いので畳みます。そして最初に愚痴が並びます。ご注意ください)

……売り上げ的には、正直申し上げてアレです。ゼロではありませんが。
もちろん売り上げが全てではないとはいえ、読んでいただかなければその先も無いとは思うので、手にも取っていただけないとやっぱり少なからずダメージ。
本日の新刊もがんばって配布はしましたが、思ったほどには減らず……つまり、期待したほど訪問人数がいなかったということ。
イベント参加して何が一番疲れるかと言えば、やはりこの点でしょうか。根本的に興味を持たれることが少ないことを自覚してはいても、それをリアルな人の行き来で見せられる、認識させられるのは心の折れやすい人間にはわりとつらい。
自分のところが暇だと、両隣のスペースに人が来たりしているのが、よく目に入ってしまいますしね……そういう、隣のお客様たちは、9割9分うちの前を通り過ぎちゃいますし(しょうがないけど)
年に1回しかイベントに出ない近年なので、出る際に気合いを入れすぎているのかもしれません。昔は売り上げゼロでももうちょっと平気だった、気がする……もしかして年を取ってますます心弱くなったとか、そんな現実?(爆)
ともあれ。ただでさえ疲れている体に心が追い打ちをかけるような状態で、帰宅してから半日ぐらいがたいへん……参加するたびそういう気分になってしまうのは、本当にシャレになりません。
サークル参加に復帰するとしたら、もっと覚悟するか、悟ってあきらめるかしないといけませんね(あれ、どっちも意味はおんなじ?)

愚痴りまくってすみません。
えーと、以下、その他のこと。

今回、知人が来ていることはあまり期待しておらず、ゆえに会ったらどうしようとも考えていませんでした。要は、今回でいったん参加をやめると言うかどうか。
…………と、言うよりは、もし会ったとしてもわざわざ言う気はほとんどなかったんです。現状、知人それぞれとの交流もかなり薄まってしまって、私はともかくあちら側は興味ないだろうな、と思って挨拶しそびれる時もあったくらい。逆に挨拶に来られることもずいぶん少なくなっている現状だし、マイナスなことはそもそも口にしづらくもあるし、とか考えちゃいまして、本日期せずしてお会いした知り合いにも、情報ペーパーに今後について書いたのをいいことに、それ(+新刊)を渡してのご挨拶と少しのお話のみ。
……で終了のつもりだったんですが、後ほどその方がうちのスペースに。参加やめることについて予想以上に慌てさせてしまったようでした……ほんとに予想外でした。すみませんTさん。
わざわざ、急いでお手紙を書くまでしてくださって、ありがとうございました。

今回、自分的にはいったん最後なのでいくつか気合いを入れていました。
メインは言うまでもなく新刊。それをできるだけ配ること。ついでに(?)できるだけ在庫を減らすこと。そのために思い切って「購入した方には1冊おまけ」することにしたり(まぁ結果的に効果はとても薄かったですが (^^;)

実は、メインはもうひとつありました。出張編集部への持ち込み。正しく言えば「作品を読んでコメントする」企画への参加。
1回か2回、参加イベントで小説の編集部が来ていたことがあったものの、怖くてその時は申込せずじまい。今回も怖いのは変わりなかったんですが、こんな機会はたぶんもう無いだろうからと思い切って事前予約。受付開始後30分くらいで予約枠いっぱいになっていたと思うので、開始時間が家にいる時間帯でよかったです。
……しかし、当然ながらめちゃくちゃ緊張しました。そもそも感想を聞ける機会が普段からとても少ないし、一生懸命書いてはいるけどイコール自信にはなりづらいので(どの作品もほぼリアクション無いから自信の持ちようが難しい)、職業で文章に携わる人に読んでいただいて何かしら良い評価がもらえる、とも思えなかったわけです。
冗談抜きで、直前の順番待ちの間は、手がめっちゃ震えました。読んでいただいている間もただ待っていられないからイベントカタログ熟読でやり過ごしたり(あんなに隅々まで読んだことはたぶん無い)
ちなみに今回用に選んだ本は、迷った挙句、ショートストーリー集『四季折々 -二-』。シリーズもの作品は避けたのと、なるべく書いた年が最近の作品をと思った擦り合わせで……それでも、書いたのは6〜7年前なんだなぁ。
前置きが長くなりましたが、結果はと言えば。
 (1)文章がきれいで読みやすい。短い中に言いたいことがぎゅっとつまっている感じ。
 (2)エピソードがさりげないのは良いけど、がつんと来るものは無いかもしれない。
 (3)長く書かなくても、人物の気持ちを掘り下げる書き方はあると思う。
 (4)伏せる必要、意味が無いならはっきり書く方が良い。
 (5)契機となるエピソードは劇的な方が良い。
他、それぞれの話について具体的なことも言われましたが、別作品にも適用されそうなコメントは、これらの点でしょうか。……まぁ、多かれ少なかれ自分でも「そうなんだろうな」と思っていたことですね〜ははは (^^;
話しやすい雰囲気の方(女性)でしたし、コメントの一番最初に良い部分を言っていただけたので、緊張が無くなりはしないまでもずいぶん緩和されて、その後のコメントをメモを取りながら聞けるくらいには落ち着きました。
ありがちな言い方ではありますが、貴重な経験ができました。行って良かった。

今後の活動は、ペーパーにも書きました通り、当面はオンラインで続けていきます。
自分の情報サイト内ブログ以外には、以下の場所で公開中です。更新頻度に差はございますが(苦笑)よろしければご訪問&ご一読くださいませ。
novelist.jpまつやちかこ
小説家になろうまつやちかこ/かなやちか※18歳以上のみ
pixivmatsuya0510
エブリスタまつやちかこ

|

« 明日のイベントのこと。 | トップページ | つれづれ:17.9.19 »

創作関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日のイベントのこと。 | トップページ | つれづれ:17.9.19 »