« いろいろ現状:19.2.12 | トップページ | Text-Revolutionsの準備本格化。 »

2019年2月13日 (水)

作品の選評到着。

昨年末、エブリスタにて募集の某賞選考で、拙作(『まぶたの裏にある想い』)が優秀作品に引っかかりました。
その賞典として、最終結果発表の後に頂けることになっていた選評メール。
1月末の結果発表以降、いつ届くかな〜と心待ちにしていたメールを、本日午後に受信しました。
嬉しいながらも非常に緊張したので、しばし時間を置いてのち、拝読。

……まあ、おおむねは予想していた内容でしたね。
冒頭がもったりで終盤は駆け足な印象とか、とある登場人物の本音が最後まで出てこずじまいとか、各指摘が「やっぱりそう言われるよなー」という感じ(苦笑)
キャラ・ストーリー・表現項目の評価が高くないわりには、総合評価が高かったのが意外でした。共感度と熱意(どちらもAランク評価)を買われたのかな。「描写が丁寧で、読者の感情を揺さぶることができていたように思う」という一文がありましたし。

『まぶたの裏にある想い』は、作品公開ブログエブリスタpixivにて、オンラインで読んでいただくことが可能です。
もしご興味をお持ちになられましたら、いずれかの場所にてご一読くださいませ m(_ _)m

|

« いろいろ現状:19.2.12 | トップページ | Text-Revolutionsの準備本格化。 »

創作関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ現状:19.2.12 | トップページ | Text-Revolutionsの準備本格化。 »