« 幼稚園の誕生会(長女年少編) | トップページ | つれづれ:19.3.3 »

2019年3月 2日 (土)

Twitter300字SS/お題「涙」

タイトル「pleasant tears」

女の子の涙は苦手だ。
大抵はこちらの気のある場合で、告白を断ったりすると、泣き出す子が時々いる。客観的にはこちらが悪者に見えているだろう、という思いもあって、どうしていいかわからなくなる。有り体に言えば居心地が悪い。
これが、好きな子の涙だともっと辛い。泣くような気持ちになってほしくない、そんな気持ちにさせてしまった自分が不甲斐なく思えるから。
けれど嬉しい時の涙は、こちらまで嬉しくさせるものなのだと、彼女と付き合ってから知った。今もそうだ。自分がしたプロポーズを、涙を流して喜んでくれる彼女。それほど想ってくれている事実が、言葉では言い表せないくらいに嬉しい。
彼女をもう一度引き寄せ、そっとキスした。


注釈:Twitter上の小説企画「Twitter300字SS」参加作品です。
前回に引き続き(というか最近恒例になってしまいましたが/苦笑)、拙作『anniversaire』シリーズのカップルを用いて書きました。

|

« 幼稚園の誕生会(長女年少編) | トップページ | つれづれ:19.3.3 »

創作関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幼稚園の誕生会(長女年少編) | トップページ | つれづれ:19.3.3 »