« 2019年8月 | トップページ

2019年9月

2019年9月12日 (木)

毎日本当に申し訳ありません。

ここ数日、鬱陶しいグチが多くて、毎日本当に申し訳ありません。
……謝るぐらいなら愚痴るな、という話でありますが。
(そして今日もグチってしまいます……お時間のある方のみ、お付き合いください)

読まれない、売れない、反応が無い。それが自分のデフォルトだと、受け入れてはいるのに、心底から納得できないのは何故なのかなあ。自分でも諦めが悪すぎて嫌になってしまうくらいです。

売れない原因はいろいろありましょうが、そのうちひとつは間違いなく表紙デザイン。1色刷りの写真ものの上、レイアウトも決まりきっているし……しかし技術上も予算上も、他にどうしたらいいのか、正直よくわかりません。自分で絵を描いたり上級のレイアウトするための、腕も作業環境も持ち合わせていないし。
だからといって、他人様に依頼するのも抵抗があります。まず、頼めるほどに創作上で親しい人がいないし、Twitterとかのフォロワーさんであっても、現状特に交流はないから(作品をどれだけ読んでいただいているか、もわからないし)、どうお願いすれば良いのか。
せめて、パソコン学校でPhotoshop習った時、もう少し踏み込んで勉強しておけば良かったかもな……家の古いiBookに簡易版のPhotoshopは入っているものの、iBookの容量がいっぱいのため、今はうまく動かなくなってしまいました。しくしく。
自分で絵を描ける人が心底うらやましい。

そんなこんなで、元気が出ないまま、執筆を中断して今日で4日目。
今度はいつ、また書けるようになるかな。

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

創作的つぶやき:19.9.11

……憂鬱が去らなくて、気分の重い朝。
結局は自分の心の持ちようなのはわかっているし、自力で這い上がるしかないのも理解しているけれど。
それがいちばんむずかしい、という現実の皮肉。

一生懸命書いた好きな話が、誰かの心の琴線に触れてほしい。そして願わくば、そういう人が増えていってほしい。
それだけの願いが、私にとっては、とてつもなくハードルが高い。

まあ、そうなるのが難しいのは、本当はわかっている。客観的に見て、筆力も物語を作る力も中途半端だし、装丁や宣伝についても、ひとさまほど努力をしていないし。
そのくせ、羨んでしまう感情だけは人一倍であるっていうのが、意地汚いというか、我ながら情けないよなあ。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

つれづれな愚痴:19.9.10

今朝も溶けるような暑さ。……どうせなら少しぐらいは実際に溶けたい。そして体重を減らしたい(爆)

浮き沈みが激しい、というか沈み方がとことん深くてしつこい性質で、読みに来てくださる皆様には大変申し訳ありません。
持ち合わせていない実力、たいして努力していない現状で、レベルが上の人々を羨んでしまうから、我ながら質が悪い。
ものすごく今さらな認識ではありますが……そして、わかっていてもまたいずれ、今のような時期が巡ってきそうですが。うーん。

悩んで喚いて、行き着く思いはいつも同じ。自分が書きたいから好きに書いて、それで満足できていた頃の気持ちに戻りたい。
書き始めた当初は、読まれることすら求めていなかったのに、どこからいつから何故、公開したくなって、さらに、共感とか評価とかを求めたくなっちゃうんだろうなあ。

何はともあれ、まずは、今の暑さがもう少し和らいでほしいな……掃除するだけで汗だくになる季節は嫌ですわ (>_<)

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

愚痴グチ日記:19.9.9

いろいろ考えすぎて&貧血ぎみで頭が痛い一日。

……いやだなあ、人を羨まずにいられない感情ばかりが強いのって。
それで奮起するならまだしも、私の場合、その場でのたうち回るだけだから……生産性が無いことこの上ない。

精神的に疲れているせいか、毎日の家事が辛い。子育てが辛い。日々の生活そのものまでが辛い。
今の環境で幸せだと思うべきなのは、わかっているけれど。

我ながら、ノイローゼが極まっている感覚がすごい。
今度の通院で相談しようかな。

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

第七回文学フリマ大阪。

参加してまいりました。
スペースにお立ち寄りくださいました方々、お買い上げくださいました方々、その他構ってくださった方々。誠にありがとうございました!

掲示用の既刊一覧を作り直すのを忘れていたことを当日の朝に思い出し、慌てて作業する顛末もありました(苦笑)。予定よりちょっと早めに起きておいてよかったです。

さてイベント本番中ですが……ちょっと長くなると思うので、畳みます。
(そして例によって愚痴モードが濃いので、苦手な方はスルーをお願いいたします)

続きを読む "第七回文学フリマ大阪。"

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

Twitter300字SS/お題「演じる」

タイトル「胸の痛みの去る時を」

「あ、お義兄さん」
明るい声。そう呼ぶ相手は一人しかいない。振り向くとやはり彼女。会社帰りなのだろう。勤め先が近いわけでもないのに、ここで会うのは珍しい。
「名前でいいって、同い歳なんだし」
「でも今はお義兄さんだもの」
彼女は高校の同級生だった。大学でも同期で、けっこう話す仲だったのだが、恋人にはならなかった。1年後輩の、僕の弟と彼女は交際していたから。そして去年結婚。
「今度また家に遊びに来てね。あの人も待ってるから」
弟との仲はこの歳にしては良い方である。……だからこそ、演じ続けなければいけない。二人を見守る優しい兄貴を。
ああ、と頷いてその場を去る──いつか、胸の痛みを感じなくなる時が来るだろうか。


注釈:Twitter上の小説企画「Twitter300字SS」参加作品です。
今回はめずらしく、単発作品を書いてみました。たまにはこういうのも書かないと、私の作品に馴染みのない方々に不親切だと思いまして(苦笑)
よろしければご感想・ご意見など、一言でも頂けますと幸いです。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

週末に台風が来そう?

Twitterで他の方のつぶやきを見て、遅まきながら週末の天気情報をよく見てみたら、台風15号の予報円がかなり嫌〜な感じなんですねえ……関西にも影響があるかもしれない感じ。うーーーむ。
文学フリマ大阪の開催そのものを含めて、いろんな意味で「大丈夫やろか」と思ってしまいます。去年の凄かった台風の記憶が、まだ鮮明だし。
(とりあえず、今夜の段階では当初思ったほど関西に影響は無さそうで、文フリも予定通り開催準備中とのこと)

……そういえば明日開催の300字企画用作品、本日夕方の時点でぜんっぜん考えておりませんでした。なんか最近、こんなんばっかりですね(爆)……どーしよーかなー。案がなくはないけど、まるで固まっていないし。
悩みつつも、当初の案からちょっと内容を変更し(既作の幕間話から単発作品に)、なんとか下書きらしきものを1本書きました。いつものように一晩寝かせて、明日読み直してから投稿の予定。

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

創作的現状:19.9.5

ここ3週間ほど、平日はどうにか、ちまちまと書いております。
先週までは、物語の流れで言うと真ん中くらいに来る場面を書いておりまして、今週はそこから時系列を遡るように1コ手前の場面を執筆中。まだしばらくは、こんなふうに適当に(書ける、書きたいところを順不同に)書いていくような気がいたします。

昨夜は中途半端な時間に目が覚めてしまい、眠れぬ勢いで、第9回Text-Revolutionsの登録アイテムを変更しておりました。
『anniversaire』とともに出すもうひとつの新刊、『あの日みた月』を委託することといたします。

さて、そのテキレボ当日まで1ヶ月と少し。準備会による委託アイテムの確認が終わったら、たぶんお買い物代行サービスの受付とか諸々の手続きが本格的に始まるはずなんですけど、今回は前回のように、公式にそういうスケジュールの一覧が出ていないから詳細は不明。予定が前後する場合があるから、出していないのかな。
まあ前回のスケジュールから換算すると、おそらく今月中旬あたりに始まるのでしょうけども。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

日記お休み:19.9.4

本日の日記はお休みします。すみません。

(文学フリマ当日が近づいて、ちょっとそわそわする今日この頃)

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

暑くて嫌になる。

今日も朝から外が暑そうで、子供を送って行くのでさえ「出ていきたくない……」と思ってしまいました。ただでさえ乏しいやる気がますます減ってしまい、嫌になります。
この暑さ、いったいいつまで続くのか。人一倍どころか5倍ぐらい汗っかきの身には非常につらい……早く涼しくなって〜 (>_<)

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

委託アイテムで少し悩む。

週末、ちょっとバタバタして全然書かなかったので、今日はすこしだけ多めにがんばりたい……と思ったものの、結果的には普段通りの文量となりました。もう少し筆が速くなりたいなあ、せめて1日1ページ分ぐらいには。

そういえば、テキレボの委託アイテム登録の締切がもうすぐ、とのメールが本日来ていました。
当初の予定通り、新刊の『anniversaire』本編+無料配布本2種と『宵闇の光』シリーズ2種、のままでいいかな……それとも、無配本2種を1アイテム扱いにして、もうひとつの新刊『あの日みた月』を入れようかな? 少し悩んでおります。
ラインナップ的にも(他がシリーズ物だから)、1冊読み切り作品がある方がいいような気がするし、新刊扱いできるうちに少しでも出しておく方が良い気もするし。……問題は需要があるかどうかだけど、この際それは気にするべきではないかな(←そうか? (^^;)

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

文学フリマが目前。

9月になりました。ここまで来ると、来週の文学フリマ大阪が目前だな、という気分になります。

昨夜、文フリ当日用の情報ペーパー作らなきゃ……と思って作業用PC(古いiBook)を起動したら、原稿データはほとんどできておりました。6月に、新刊2種を入稿する勢いで作ったようです(笑)
本日昼間、家事をしながら印刷して、地味に来週が楽しみになっていたり。願わくば、新刊がそれぞれ、1冊ずつでも売れてほしいなと思います。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ